会社沿革


昭和35年5月(株)丸吉大中商店が弘前市代官町にて青果市場を開業
昭和39年5月弘前市和徳松ヶ枝に青果市場を新築移転
昭和42年5月丸吉大中青果(株)と名称変更
昭和43年2月りんご市場を併設、営業開始
昭和44年1月弘前市和徳俵元にりんご専門卸売市場を新築移転
昭和46年12月大中青果(株)、農協、買参人、従業員の四者協調により資本金9,950万円で「弘果 弘前中央青果(株)」を設立、大中青果(株)の弘前地区の営業の一部譲渡を受け営業財産及び従業員を継承し、公共的市場として発足
昭和47年1月旧大中青果市場の施設にて営業を開始
昭和48年6月卸売市場法に基づく地方卸売市場開設許可及び卸売業務許可を受ける
昭和49年8月花き卸売市場開設許可
昭和62年3月創立者大中正元氏死去に伴い、大中武代表取締役社長就任
平成元年10月(株)弘前水産地方卸売市場設立
平成2年6月(株)弘果物流設立
平成2年11月弘前水産地方卸売市場開場
平成5年11月(株)津軽りんご市場設立
平成6年8月津軽りんご市場開場
平成11年3月大中武社長死去に伴い、山本忠道代表取締役社長就任
平成12年12月(株)弘前花き設立
平成16年5月弘果総合研究開発(株)設立
山本忠道取締役会長就任、大中忠代表取締役社長就任
平成18年9月山本忠道会長死去
平成20年12月(株)スコーレの株式50%を取得し、グループ化
平成21年2月(株)弘果物流と(株)スコーレの保険部門を統合し、弘果保険サービス(株)を設立
平成23年12月弘果保険サービス株式会社と株式会社コスモロードが合併し、新会社「弘果コスモ保険サービス株式会社」と改名
平成26年9月第4卸売場完成
平成27年10月弘果りんご園(株)設立