電算室電算処理課 小杉 晃仁

弘果キャリアストーリー

電算処理課とは

コンピューターを効率的に活用して行う日々の業務から、会社の知的財産ともいえる「データ」の作成、処理、蓄積、分析等を行う「情報マイスター」的な存在。

弘果を就職先として選んだ理由

弘果キャリアストーリー
大学卒業後、東京、札幌でシステムエンジニアをしていました。勤務先が外資系ということもあり、パフォーマンス(成果)に対する評価が非常にシビアでありましたが、やり甲斐を感じて仕事に没頭していました。その時は、地元である弘前に戻ることは考えていませんでしたが、意識が変化したのは、一時的に帰省した際に高校時代の友人(弘果勤務)から、弘果では将来を見据えて、プログラム等コンピューターに精通している人材を求めている事を聞いたことでした。地元で自分の培ってきたことを活かせる場所があり、また、ライフスタイルの変化が契機となり、弘果へ入社することを決断しました。


入社から現在までのキャリアストーリー

弘果キャリアストーリー
電算処理課の嘱託職員から本採用となり現在に至ります。日々スパイラル化されたデータ及びプログラムの分析と最適化、データ管理、保守を行っています。また今後は、過去数十年にわたる弘果に蓄積されている「ビックデータ」から販売、収穫等の予測数値を導きだして業務と連携する事により、よりアグレッシブな営業戦略に結び付ける等、コンピューターを通じて、会社全体の業務を支えていけるシステムの構築を企画検討しています。


自分が描く仕事の未来予想図

今後更に進展していくであろう情報化社会に対応していくため、システムのアウトソース化、システムとデータのクラウド化、データウエアハウス化を構想しています。仕事は勿論、何事も「一歩先へ」の精神で、新しいものや考え方を積極的に推進していきたいと考えています。また、新しく入って来る社員へのしっかりとした教育やフォローを心掛け、弘果電算室のエンジニアは凄いと一目置かれるような人材を育てていきたいと考えています。